顔の制汗剤〜サラフェは市販してるの?多汗症・男性にも使えるの?

<顔の制汗剤サラフェ・概要>
顔の制汗剤サラフェは顔汗に効果的でおすすめです。
顔汗用の制汗剤はあまり見かけませんが、顔汗に悩んでいる方は多いです。
ジェルクリームのサラフェの制汗剤はこれまで日々のメイクが汗で落ちてしまうなどの化粧落ちの悩みを解消してくれるアイテムとして多くの女性の役に立ちます。
主成分は、薬用成分でもあるパラフェノールスルホン酸亜鉛
>>>詳しくはこちらで説明しています。

 

またこの顔の制汗剤は女性のみならず男性も使用することができますので、同じような顔汗の悩みを持つ方の救世主として重宝します。
合成香料や着色料、鉱物油や石油系界面活性剤といったものはお肌の負担となりますが、サラフェにはこのような添加物を一切使用していません。
もちろんパラペンといった添加物も一切使用していません。
ですから敏感肌の方でも安心して使用することができ、小さなお子様から年配の方まで幅広い年代層に使用することができます。
多汗症に使う場合は実際、顔の汗をモニター実験にて91パーセント以上の方が抑える効果があるということを実感している結果から、優れた働きを持つことが期待できます。
顔の汗以外にも手の汗に悩んでいる方も使用でき、お顔に塗った際の残りを手に馴染ませることで気になる汗の悩みを効率的にケアすることが可能です。
顔の制汗剤としてメイク下地またはメイクの上からも利用でき、お顔以外にも使用できるサラフェはこれまであきらめていた多汗症の悩みに有効に働きかけてくれます。

サラフェの販売店は公式通販サイトのみでの販売です。

また公式通販サイトだからこそもっとも手ごろな値段で購入することができます。
はじめての方にも気軽に試せる今回のみの注文もあります。
さらには定期コースもあり、継続して使用したい方にも最適です。
定期コース利用は割引もありお得です。
ひんやりとした心地よい使用感に有効成分と美容成分配合で気になる悩みにしっかりと作用しながら、お肌を同時にケアすることができるのも制汗剤サラフェのポイントです。
毎日使用するものだからこそお肌に優しい処方で、十分な効果を発揮することでもおすすめできます。

顔の制汗剤と薬はどちらが良いの?

顔汗を止めたい時に使われるのが顔の制汗剤と内服薬です。
どちらが良いのかは症状の度合いによって変わってきますので一概にはいえませんが、選ぶ際にはそれぞれがどのような効果を持っているのかを知っておくことが重要です。
まず顔の制汗剤ですが、多くは肌を引き締める収斂剤によって汗の出口となる汗腺を塞ぐことによって汗を防ぐ効果を持っています。

 

次に内服薬ですが、日本ではプロバンサインという薬のみが多汗症の治療薬として認可されています。

 

そんなプロバンサインの効果とは、発汗を促すアセチルコリンという物質の働きを阻害することで汗を根本から断つというものです。

 

外部から作用する顔の制汗剤と違って、体内から作用していく薬ですので、その効果は非常に強力といえます。

 

ただし、効果が強いということは、その分、副作用も起こりやすいということでもあります。

プロバンサインの副作用

プロバンサインの副作用とは、発汗を抑制する働きに関係しており、アセチルコリンを阻害することによって汗だけではなく体液の分泌まで抑制されてしまうため、口や喉の渇き、便秘、排尿、かすみ目といった症状が起こりやすくなります。

 

こうしたことを知ったうえで、顔汗の症状によって使う薬を選ぶことが必要ですが、基本的には症状が軽いのであれば、まず顔の制汗剤を試してみて、あまり効果を感じられなかった場合は内服薬というように段階を踏むとよいでしょう。

 

薬には必ず副作用が伴うので通院レベルの顔汗でないのであれば、まずは顔の制汗剤で試してみるのが良いでしょう。

グランダキシンの顔の制汗効果と副作用

グランダキシンとは、自律神経の調子を整える薬です。

 

作用としては、自律神経のバランスが悪くなって出てくる症状である、のぼせ、発汗、頭痛、動悸、イライラ、不安感といった私たちが不快と感じる症状を自律神経のバランスを整えることで改善してくれる薬です。

 

また、このグランダキシンは、顔汗をはじめとする多汗症に処方されることが多いです。

 

この顔の制汗効果とは、多汗症の多くの人にとって魅力的なものです。

 

しかし、用法用量をしっかり守らなければ副作用によって意図していな作用がはたらくこともあります。

副作用

その副作用とは、眠気やめまい、ふらつき、さらには、口の渇きや吐き気、食欲不振、便秘などがあり、医師から指示された用法用量をしっかりと守る必要があります。