代償性発汗ではない

人の体は汗をかくことで体温の調節を行っており、毛穴のあるところに汗腺もあるため、体全体から汗が出ます。
とくに顔は汗が出やすい部分で、気温が高かったり運動によっても滴り落ちるほど出る人がいます。

 

 

顔の制汗剤を使い続けていてなぜ頭皮からの汗が増えるかと言うと、汗がたくさん出たときに頻繁にふき取ると肌を傷めますし面倒ささもあり、化粧崩れを直す手間をかけないためには、顔の制汗剤の利用が適していて、毛穴をふさぐことなく制汗剤の成分が汗を吸着して制御を行うことで、減少させることができます。制汗手術による代償性発汗とは意味が違います。

 

 

しかし、頭の熱を下げないと脳などへの影響が懸念されるため、別なところから汗をかいて温度を下げようとする作用が働くために増えることにつながります。頭皮の毛穴が詰まって汗が出にくい環境になっていると別なところから汗が出るようになる人もいます。

 

 

普段より髪が汗により汚れやすくなりますから、丁寧にシャンプーを行い地肌の汚れを取り除くことが大切です。また乾燥してしまうと、汗をかいて繁殖した雑菌などの刺激を受けてフケや炎症が出やすい環境になることがあるため、保湿に注意してケアを行うようにすると良いです。

 

 

人前に出ると緊張で汗をかきやすい人も顔の制汗剤利用ですっきりとさせ、さわやかな印象を与えることができる可能性が高まります。