緊急対策か根本解決か?

人から注目を集めている時やプレッシャーを感じている時などに手のひらに汗をかく経験をした人が大半です。

 

 

他にも緊張状態により、顔やわきの下などに汗をかく現象のことを精神性発汗と言います。

 

 

発汗の場合、自律神経の中で発汗の部分を司る交感神経が活発になることで汗をかくことになります。

 

 

緊張している場合、もしくは興奮している場合に交感神経が活発になり、結果として汗をかくことになるのです。

 

 

これが量として多くなると多汗症となります。
精神性発汗の場合、緊張を強いられる場面などが訪れることを想像しただけで汗をかくという人も珍しくありません。

 

 

こうしたものを顔汗用制汗剤で防ごうとする人がいます。

 

 

その際のメリットとは、物理的に出てくる汗を抑えるには制汗剤しかなく、それによって急場をしのぐということが可能になります。

 

 

また、制汗剤を使っているから大丈夫というお守り的な要素もあって、汗をかく量が減ったという人もいます。

 

 

反対にデメリットとは、根本的な精神性発汗の解決から離れることです。

 

精神性発汗は、過度な緊張によっておこり、中には心の病から来るもの、不安症の1つとして考えられることもあります。

 

 

それらに由来する症状であることが考えられ、それらの治療が結果として精神性発汗を治す要因になることもあるので、あくまで急場しのぎとして使うことが求められています。